銀歯を使うデメリット

虫歯を治す時、詰め物に銀歯を使うことがありますね。
最近は随分と減りましたが、相変わらずまだ銀歯を使われる方もいらっしゃるようです。
銀歯というのは金属ですから、耐久性があります。
また、欠けたりすることもなく長持ちがします。
こちらは保険が使えるので値段が安く抑えられると言うメリットもありますが、やはりデメリットとしては見た目がとても目立ちます。
金属の成分が溶け出したりすると、逆に黒くなったりして、余計に目立ってしまいます。
また、こちらは金属ですから、金属アレルギーのリスクもあります。
このアレルギーは、体の中でも手や足など、直接触れていないところにも症状が出ることがあるのだそうです。
さらに銀歯の人でも、その銀色の詰め物の下が虫歯になりやすいなんてこともあるそうで、それに気づきにくいなんて言うデメリットもありますね。
最近はセラミックですとか、そういうものに変わってきつつありますよね。
やはりデメリットの方が多い銀歯は、最近使われることが少ないのかな。
見た目って結構大事ですもの。
そういうところから、内面の元気も出ていますからね。